tofuwatowato’s blog

最後の大学生活の中で感じたことをツラツラと

就活の最終面接に落とされた話

どうも、お久しぶりです。とふわとわとです。

 

安室フィーバーからずいぶんたっていることに、時間の早さと自分の老いを感します。

 

最近、最終面接に落とされました。つらいです。母の本音を聞く機会があったのですが、「あなたは言うことは大きいけど、それを実現できない人だ」といわれてしまいました。

面接と母からのダブルパンチ。

とふわとわとのHPは0よ!

 

確かに、有名大学で大手企業から内定もらえないとかの次元の話や、何百社と受けたのに落ちたとかそういう話ではなく、指で事足りるぐらいしか受けてないのに、絶望してるのはお笑いですよね。全く笑えませんが。Fラン大学でもちょっと上位には入れるかな?程度なのに、高校が自称進学校だったため、プライドは富士山級なのに、頭は砂のお城並にもろいです。お察し案件。救いようがない。

 

これといって今の日本でしたい仕事はありませんし、逆にこの仕事がしたいと素直に言える人を、企業は是非とも入れてあげてほしいです。せっかくここまで育った人間が就活自殺なんてしてしまえば、

  1. 日本の結婚率は下がる
  2. 子供は増えない
  3. 経済も回らなくなる

結果、採用していた人間がお年を召した際、助けてくれる人がいなくなるのです。

今の日本は悪循環のまっただ中ですね。

 

私自身、そんなに身構えてなくても、どこかには就職できるでしょと考えていました。実際、個人面接や集団面接、筆記も受かりはしているんです。でも、内定まではいかない。

 

なんだろう…赤の他人だからと人生の先輩(笑)に鍛えてもらってるんでしょうかね?そんなこと誰も頼んでませんけど。今思えば、最近受けた面接、あれって圧迫面接だったのではないかと思えてきました。(これを書いていて気づき始めた)なんでも文字起こしてみるものですね。

 

いいことをいったような雰囲気を醸しつつ、そんな私は自殺しようかなと考えていました。でも、そんなたいそうな自殺ではないんです。今この瞬間から解放されたいなという自殺なんです。概念の自殺ですね。私が置かれている現状が死んでしまえば、現実を生きる私はもっと健やかに暮らしていけるのにというそんな考えの自殺です。

 

だってこの世から消えるには、まだまだ私の好きなものが多すぎるんですよ。これからの展開が気になるコンテンツもあるし、今までの展開から、さらにすてきなことが起きるかもしれない。生きていないとわからないんですねこれって。死んでしまったら冬から始まるアプリもできないですからね。まだまだ生きますよ私は。

 

ほんとはかなりしんどくて、ハサミを動脈の上においてみたり、首にコードを巻いてみたりもしたんですけど、そんなことして、万が一体のどこかが使えない状態で生きることになってしまったら、ゲームもできないし、制限された生活がまってるんです。死ぬまでその生活ですからね。やだやだ。絶対このまんまで生きてやります。

 

これを読んでる方が私と同じようなことで悩んでいらっしゃるかわからないですけど、今の悩みなんか宇宙規模で比べるとすっっっごい小さなことだって考える、ずん飯尾さんの考え方をお教えします。すっごい面白い考え方だなって心が楽になります。私もよく助けられてます。

はじめは自分、次に自分の部屋、町、県、国、世界、最後に宇宙。とどんどん自分の周りを広げていくんです。どんどん自分の悩みが小さくなっていくんですよこれ。いい考え方の一つだと思います。

 

また、嫌なことって繰り返し自分のなかで思いだしちゃうものなんで、すごく大きなことに思えてしまうんです。そんなとき、映画をみたり、漫画を読んだり、ゲームをするといいそうです。頭の中を違うものが占領することで、嫌なことを頭が反復して考えることを防げるんです。大人たちが、やめなさいとか体に悪いとか言ってきたものが私たちの本当の逃げ場になってくれるんだなぁっと、なんだかしんみりしてしまいますね。

 

なんだかんだ書いてみましたが、一人部屋で不合格通知を見ていると、自分が否定されているように思えてしまいましたが、頭の中を何かしらだらだら打ち込んでみるのは案外いい方法だと思います。就活は人生のほんのちょっとの出来事なんで、そんなことより、推しのこと考える時間にあてたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。次回は、今ハマりにハマっている「ヒプノシスマイク」の話をしたいと思います。

 

では次回まで、さようならば、また!!

 

ゼロの執行人に執行された夢者の冷めやらぬ思い

小さい頃の私はまさかコナンにハマるなんてこれっぽっちも思っていなかったことだろう。

 

中学生の時、銀魂坂田銀時の女になることを夢見ていた私は、今も何かしらのイマジナリー彼氏を自身の側に置いて生活している。

 

夢者とは、何かしらのキャラに自己投影したり、オリジナルキャラクターを作って既存のキャラクターとぶつけた時の化学反応にきゃっきゃっと赤ちゃんのように喜ぶ人々のこと(これは私が考える夢者であり、全ての人はこれに当てはまらないものとする)である。

 

また、今回の映画のネタバレはしていないので、みた方も見ていない方もご安心してください。

 

そんな私はコナンの沼を漂っていた。まさか、この大手にハマるとは全く想像していなかった。だって、コナンくんだよ?真実はいつもひとつで有名なあのコナンくんに…。しかし、ハマってしまったなら仕方がない。とことん楽しもうではないか。

これは、今まで味の良さがわからなかった食べ物がふとした時においしいと思い、そこからドンドンハマっていった時のような感覚である。

こういうハマり方をすると、熱が冷めてもぶり返す率が高いように思われる。皆さんも気をつけることはできないので、肝に刻んでください。

 

このドンドンハマる感覚を味合わせてきた男の名は【降谷零】。またの名を【安室透】。そのまたの名を【バーボン】。トリプルフェイスで世間を騒がしている映画の最終興行収入が100億に達してしまうのではないかという勢いの男である。

 

今回の映画をみた方ならわかるだろう。あれは麻薬だ。始まって数分でスペースキャット状態。終わってみたら思考回路はショート寸前。今すぐ(降谷零に)会いたいよ(ダッシュで映画のチケットを買う絵文字)。

まず、目が足りない。全然追えない。じっくりコトコト煮込んだスープのようにくまなく舐め回すように見てから次に行きたくなるほどの情報量なのに。目が足りない。待って。この言葉で頭を埋め尽くされる。降谷零が画面に出てくるたびに「ヒェッ」と、脳が悲鳴をあげていた。

ミステリーが好きだがアホな私としては、ストーリーもしっかりわかった上で、キャラクターの行動を見たい人間である。しかし、降谷零の挙動ひとつひとつ、髪の毛の一本一本に血眼になって見ていた。しかし、全く理解できないのだ。恐ろしい映画だ。もう一回。

 

見るのがかなり遅くなってしまい、ツイッター上では、2回3回、それ以上見る方がたくさんいた。そんなに見るとかみんなハマってるな〜とのほほんとしていたが、そんなこと思ってる場合じゃなかった。事件はツイッターで起きてるんじゃない!!映画館で起きているんだ!!!踊る大捜査線もびっくり!!降谷零なら、レインボーブリッジの橋の端を爆走していくことだろう。あの男ならやりかねん。凄い説得力だ。

 

今回のゼロの執行人は、言うならば、遊園地のジェットコースターである。長い時間待たされたが、乗れば3分で終わる。もうこれ。言い得て妙。完璧。そして、また乗りたい!!もう一回あの感覚を味わいたいとハマっていくのである。

 

ここまで映画の感想を書いておきながら、未だに興奮冷めやらぬ状態の私は、私生活に影響が出るほど夢者を満喫していた。今までもキャラにハマり、夢者を発揮していたが、ここまでのめりこめるキャラに出会えてとても幸せだ。

世の中には、腐っている方や夢っている方と様々な方がいるが、みんなが幸せになれる降谷零という男は、誰よりも日本に貢献していることだろう。降谷零が好きなわたしも、この人のために生きているぐらいの勢いである。

 

 

まだ見ていないという方も、いつかは見るきっかけ(金曜◯ードショー)があると思うので、世の男女を狂わせる男の生き様を見てほしい。普通にいい映画なんで。

 

わしルール!?ご老人の身勝手な行動

大学生になってから電車をよく利用するようになった私ですが、どうしても腑に落ちないことがあります。

 

おじいちゃんとおばあちゃん、列ができてても先頭にくる。

 

なんで!?なんでだ!?みんな5分も10分も前から並んでるのに、我が物顔で列を無視していくんです!!!年をとればとるほど自分ルールを発動するのはやめていただきたいの極みでございます。

後、田舎だと常日頃から目にするのですが、道路を横断するご老人がこれまた多い。なんでだ!?自分が音速おじいちゃん、又は音速おばあちゃんとでも思っているのでしょうか?早すぎて遅く見えるとでも言いたいのでしょうか?いえ、全くもって遅いです。これで引いた方が悪いなんて言われるのはたまったもんじゃないですね。ドライブレコーダーはおじいちゃんとおばあちゃんにこそ必要なものであり、これをつけて外に出すことで、事件に巻き壊れた時の証拠にもなり、車を運転してる方にも証拠となるので、win-winの関係が出来上がるじゃないですか!?国にいますぐ採用していただきたい案ですね。

 

 

あっ、電車のことで思い出した。

みなさんは高齢者の席って何歳から座るもんなんだと思います?高齢者の席が空いてるのに、そこに座らないご老人は自分より上の人が座るって思ってるんでしょうか?あれのせいで、若い人が座れない現象が起こることにとても疑問を持ちます。

ご老人は電車に乗って高齢者の席が空いたら、まずそこから埋めてほしいと、電車を利用する一人としてお伝えしたいです。(これをご老人が読んでいるとは到底思えませんが)

小学生の子供が通学に電車を利用する中、座る席がなければ高齢者の席に座るのは仕方がないでしょう。それを嫌な目で見るご老人は自分がそこに座ってくれれば全て解決することに気づいてほしいと常々思っております。

 

 

ジャニーズの持論を語る

このタイトル見て、ジャニーズのことを何か凄い分析してるみたいに思った方、残念!!めっちゃ持論。ジャニーズの沼について話すだけなので、全然心理学関係ないかもしれない。もはや関係ないぞ!ってなると思うけど、最後まで読んでからの苦情はやめてね?タイトルでも言ったように、ひと齧りした程度だから。コナンくんも青酸カリ舐めてるけど音沙汰なしじゃん?それと一緒一緒!!

後、ジャニーズに関して私がめちゃくちゃ言ってる!!この無礼者!!って思った方もそこで読むのやめて部屋に塩でも撒いて除霊しとき。

 

 

ここまで来た方、行くぞ!?ここからは上の言葉を読んだ覚悟を決めた人間ってことだからな!?行くぞ!!!

 

 

これは、身内と友人が、ハマるジャニーズのご尊顔に対して、世間一般的には首をかしげる方々だったことで考えた持論なんですけどね?

よくいる、カッコいいといえばで取り上げられるジャニーズは、100点で顔を好きになって、そこからの減点方式なんですよ。逆にイマイチかな〜?と感じた子は15点ぐらいからのスタートでどんどん内面を好きになるので加点方式なんです。そこのジャニオタさん、そう、あなたです。そんな経験ありませんか?ふーん、と思ってた子が日に日にかっこよく、又は可愛く見えてきませんでしたか?これが沼です。

ちょっとクセのある食べ物とか、個性的な味付けをふと思い出して、体が欲してしまうみたいな現象なんだろうなと考えつきました。容姿で好きになると、容姿に何かあるとどんどん冷めていくんですよ。減点方式ですね。だから、こういう子を好きになる人はどんどん新しいツイッターのアカウントが増えます。年月日書いたあのアカウントが増えるんです。(偏見です)それに対して、加点方式の子は中身を見るんです。どんどん可愛く見えてきますよ。中身見てるんですから。この子頑張り屋で〜この子泣き虫で〜なんてエピソード聞いたら、母性本能が雄叫び上げちゃいますよね。

まあ、これが全員に当てはまるってわけじゃないので、ご了承くださいね?あくまで、こういうハマり方すると、ずっぽりハマっちゃうよっていう一個の事例なんだろうなと思います。

 

ここら辺が顔はあんまりなんだけどって子たちを好きになってしまう方々の深層心理ではないかと考えます。(上にも書いたようにあくまで一例です)なんて言ってますけど、好きになったらブスもイケメンも関係ないのが愛なんで。オタク全般は心が満たされる程度にオタク生活を充実させてくださいと、言わざるを得ないですね。

 

支離滅裂なお話をここまでお読みいただきありがとうございます!本当に持論のほんの一例なので、鵜呑みにしないでくださいね!!!

 

 

はじめまして

最近このタイプのブログをよく見かけたので、自分のアウトプットの場として使ってみようと思います。

ここから読む人に言わなきゃいけないのは、かなり暇な時ぐらいじゃないと、あれ?この時間無駄なのでは?ってなるから気をつけてね。そのぐらい内容がないよ☆(漂う不穏な空気)

 

さて、何を話そう…最近の自分は就活生だから、そういう話題にすぐ目がいってしまいます。(唐突に始まる)(振り落とす地元走り)友人がもう内定もらえたって聞いた時にはえ?もう内定ってもらえるものなの?と焦りに焦りました。これを読んでいる方がどういう状況の方かは分かりかねるのですが、やっぱり自分のためにもいろんなところに行っておけばよかったと思います。

趣味でアニメやゲームが好きな私は、かなりハマってるとうらぶの神社やお寺を訪ねてみるとか、舞台も観にいっちゃうとかもっとすれば良かったな〜って思ってます。大学生になれば時間なんかいっぱいあるやろって思うじゃないですか?それがどっこい、あるにはあるけど、覚えてしまっためんどくさいの気持ちがなかなか消えないのなんのって。びっくりするぐらい消えないの。まあ大学生だし、時間なんかたっぷりあるでしょとか悠長なこと言ってたらもう就活生ですよ。もう!?って私も5度見ぐらいしました。大学まで往復で5時間あるかないかぐらいなんで、家に帰る頃にはなんか疲れてるんですよ。こういうところがダメ人間になっちまったな〜って思わされます。行動力のある子たちは授業終わったら飲み行くぞ!とか張り切ってるんですけど、I love 実家なせいで、授業が終わると高速で家に帰るエブリデイ☆を3年間続けてしまったのです。なんという悲劇…花の女子大生がこんな生活してれば、そりゃ彼氏もできないもんですよ。

と、かなり就活の愚痴から大学生活の愚痴へとシフトチェンジしてしまったのですが、今になって大学時代頑張ったことが書けない自分にケツ引っ叩いてでも外に出すべきだったなと痛感してあります。今年大学3年生は今のうちに頑張ったことを言えるようにしとくといいですよと、散りそうな花の女子大生からのお告げでした。

 

話すみたいに、ば〜っと書いてみたのですが、プレビューで見るとすごい少ないですね!!これを小説書きさんとかはどんどん話膨らませてるのかと思うと凄いとかそんな言葉じゃ足りないですね。才能ですよ。これは。やってみてわかることが尽きない人生をちょっとでも綴れたらいいなぁ、という言葉を締めの言葉とさせていただきます。

閉廷っ!!解散っ!!!